トップページ » 宿泊施設の防火対象物適合表示制度

防火対象物適合表示制度「適マーク制度」とは

「適マーク制度」は、防火安全に関する基準に適合した宿泊施設であることをお知らせし、安全・安心な
宿泊施設を利用していただくことを目的としています。
この制度により交付される「適マーク」は、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等
に関する基準に適合していると認められた宿泊施設に掲出されています。

マークの交付について

宿泊施設は、不特定多数の方が利用することから、消防法令により、火災時の初期消火や避難誘導のための
計画作成、訓練の実施、消火設備や警報設備などの消防用設備等の設置、階段や避難口などの管理等、
さまざまな防火安全対策を講じることとされています。
「適マーク」は、これらの対策が適切に講じられていることを消防機関が審査し、消防法令のほか、重要な
建築構造等の防火安全に関する基準に適合していると認められた場合に交付されるものです。

対象となる建物

「適マーク制度」の対象となる建物は、収容人員が30人以上で、地階を除く階数が3階以上の宿泊施設です。
なお、地域の実情によって、消防機関が対象を別に定めている場合があります。

マークは2種類

消防機関が審査した結果、防火安全に関する基準に適合していると認められた場合は、「「適マーク(銀)」」
が交付されます。3年間継続して防火安全に関する基準に適合していると認められた場合は、
「適マーク(金)」が交付されます。

表示制度の基準適合

この度、ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎は、上記の表示基準に適合していると認められ平成29年8月1日を
もちまして、『適マーク(銀)』から『適マーク(金)』の交付をお受け致しました。
今回の交付は、宮崎市南消防署管轄における交付第1号という大変名誉な交付となりました。

今後も施設内できちんと消防法や建築基準法に適合するよう、防災用設備の設置や避難訓練などの防災管理等
を行い、更には従業員全体の防火・防災意識の向上にもつなげて参ります。
すべてのお客様にとって、安全・安心なホテルとしてより一層お選び頂ける様、そしてこのマークが失われる
ことのないよう継続した努力を重ねて参ります。これからも何卒宜しくお願い申し上げます。

表示マーク(金)

防火対象物適合表示制度の詳細は、下記リンク先をご覧下さい

http://www.fdma.go.jp/kasai_yobo/hyoujiseido/outline/use.html

[English Guide] http://www.fdma.go.jp/kasai_yobo/hyoujiseido/outline/use_english.html

※上記リンクは外部リンクとなります。クリックすると別ウィンドウが開きます。